• お問い合わせ
  • ご注文方法について
  • 津乃吉の理念
  • 素材へのこだわり
  • 津乃吉自慢の製造工程
  • 津乃吉の「そとしごと」
  • 津乃吉食堂
  • facebook
  • 津乃吉の仲間たち
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

実店舗休業日

休業日にいただいたご注文、お問い合せは翌営業日以降に順次対応致します。あらかじめご了承くださいませ。

津乃吉の、理念。

からだが求める良い原料をつかいます。

「食べ物は命をつなぐもの」。津乃吉は、その考え方からすべての商品をつくります。だから私たちの都合を一切省き、食べる人の身体を第一に考えます。むかしから親しまれる素朴な調味料を使う。素材のおいしさを引き出すための手間は惜しまない。私たちの商品づくりの姿勢は、お客様のからだが求める良い原料をつかうことです。

津乃吉の商品は、素材を使い切ることから生まれます。

津乃吉がつくる佃煮や京だしは、ちりめん山椒をつくる際にできる、じゃこのエキスがたっぷりしみ出た「じゃこだし」を使ってつくります。素材を使い切ることで素材本来のおいしさが引き出され、津乃吉らしい商品になるのです。素材をつくってくださる生産者の想いをムダにしてはいけない。素材を使い切る理由は、その強い信念があるからです。

すべて、手でつくります。

厳選した原料は、その日によって表情を変えます。だから津乃吉では、五感を研ぎすまし、味を均一にするために人の手でつくります。機械は与えられたことを手早く実行しますが、1つひとつの原料にやさしく応じてくれません。手で見る、手で聞く、手で嗅ぐ。私たちが目指すのは、作り手の想いが味になる商品です。

自然にやさしい工夫を続けます。

煮汁まで使い切ること。黒豆などの煮汁を、近所の方々におすそ分けすること。そのすべては、味を決める「水」を汚さないためだからです。京都には素晴らしい水があります。その環境をできるだけ守ることが、津乃吉の味を守ることにつながると信じています。

このページの先頭へ

Copyright © 2011 株式会社津乃吉. All Rights Reserved